上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.23 KOUCYA
CD
茶ットが書きたい
今大いにハマっている時代劇「琅琊榜(ろうやぼう)」について語りたい・・・

しかしここは、大事なお知らせからいきます。

とうとう出ました。はい来た!

CDkoucya.jpg

Lady Chieftainsを母体とするトリオ、ライブ数は多くなく
バンドというよりはパブでセッション的な演奏をすることの方が多かったのですが
音源作成にあたってアレンジを加えまして、こんな感じになってます。



レーベルの社長が猫です。猫に雇われるバンドです。

そして、実はこのCD流通の予定が今のところ無く、
ライブ会場で手売り、もしくはメンバーに問い合わせていただくしかないのですが
私のCD販売所「YATAUMEHARP」で
いち早く取扱いを始めました。

このご時世に振込(ゆうちょ、東京三菱UFJ)しか入金手段がなく
私がゴソゴソと梱包し、手書きありがとうカード入れて
普通郵便(オプションで簡易書留)でお届けという
レトロ感漂う販売所でございますが、是非ご利用いただければ幸いです。

「YATAUMEHARP」はこちらから


YATAUMEHARPで現在、取扱中の作品は4つ。

○生梅
→イーリアンパイプスという強い音に対して、ハープ伴奏ではなく
ダンスチューンでも二つの楽器が共にトップを張るつもりで、という裏テーマ。
これがハープのスタイルとしては現在のアイルランドのハープ弾きに一番近い、かな。

○nabana
→異国の音楽を日本人が頑張ってやってるというのではなく、
メンバー個人や楽器の個性を、素直に出せる曲作りをしたいなという裏テーマ
なにより、沙羅さんのジャケット絵の世界観を音で作りたいなというのがありました。
すごく楽に聞ける、気が付くとずっと聞いてます等の感想いただくと、嬉しいです(泣)

○風とキャラバン
→いろんな楽器が聞けます。いろんな楽器があるからこそ、ハープの居場所とか
音の特性とかを考えさせられました。
幻想的とかゆったり癒しだけではない側面も出してます。
ゲームをしない方にとってはなじみのない音楽ジャンルですが
日本のゲーム音楽、注目してほしいですねー。

○KOUCYA
→ハープとしてはnabanaと正反対の発想で、
異国の音楽をいろいろ頑張ってやってみた感じです。
「夏は来ぬ」は全パートアレンジを書きました。
Secret

TrackBackURL
→http://koumeharp.blog.fc2.com/tb.php/40-ba91c31d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。