上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♯2 紅茶 【フィーユブルー/ピーチピーチ】買えるところ:ネットとか

年ぃ取るとよ~カタカナが覚えらんなくてよ~
と、呟きつつ今回の書く作業で覚えられたかな。声に出して覚えませう。

ふぃーゆ ぶるー

第2回のお茶は、前回の「茶ット失意の番外編」の最後に書いた通り、
藤野姐さんからいただいたお茶。その時の姐さんの説明をまとめると

1、あなどるなかれフレーバーティー
2、ティーバッグでも淹れ方で味が全然違う
3、名前は外国語だが、ティーブレンダーは日本人。王子様系らしい

3はフーンと流しつつも、(かぼちゃパンツとか興味ないしね)
1と2に関してはね、やや偏見あったかも。
紅茶を淹れるならリーフが一番。
フレーバーティーは、紅茶の香りよりも香料がキャッキャ言いながら
鼻にかけよってくるイメージが強いよなぁとか。

ああ、でもマリアージュフレールとかクスミとか、F&Mとか頂いた日には
うほほーいと小躍りしてるので、基本的に間口は広いですよ
(節操がないともいう)

今回はフィーユブルーさんのホームページを見て事前研究
このうっとうしい暑さの中、よりおいしくいただくために
水出しのアイスティーにチャレンジしてみました。

用意するもの:500ccのお水、ペットボトル、ティーバッグ2個

一昼夜入れておけばOKとのことなんですが
えーそんなに待てないよ。ということで裏技の方を使ってみます。


なんと最初にティーバッグを少量のお湯で湿らせます。むらむらし。
IMG_20160831_104454[1]


そしてお水にどぼん。
IMG_20160831_104635[1]


30分~1時間後。飲める飲めるぞ~
IMG_20160831_142624[1]

これは、おいしかったですよ!

よくありがちなフレーバーティーの香料系が
ミーハー女子高生に飛びつかれるイメージだとすれば
こちらは、清楚系女子高生が紅茶先生と並んで
「うめださん、こんにちは」って来る感じですかね

・・・なんのこっちゃ。
しっかり紅茶の茶葉の味や香りがある上で、香料の香りに嫌味がない。
渋みもなく、むしろ甘味を感じられる非常にさわやかな味わいです

あなどるなかれ、ブレンドティー
そしてティーバッグ!

そして次回もフィーユブルーの紅茶を使ったアイスティーについて
書きたいと思います。

演奏も実は秋口からいろいろ増えてきております。
ハープご興味のある方は、是非こちらへどぞ!
CDも、お茶に合いますよきっと!
Secret

TrackBackURL
→http://koumeharp.blog.fc2.com/tb.php/37-9fccd518
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。