上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手に好きなお茶をリポートするコーナーを作ることにしました。
藤野姐さんとのデュオ「梅藤園」のライブでは
私や藤野さんが好きなお茶を1ライブに1つ紹介していこ~!とMCで言ってたのですが
ライブだけでは足りない、ひっそりとそしてアツく茶を語りたいと
茶素人が独断と偏見で好きな茶を語る場・・・

名付けて「茶ット」はじめました

♯1茶【月光茶】買えるところ:烏鐵茶園(台湾)

前回のホメリライブでご紹介いたしました台湾は猫空(まおこん)の「月光茶」。
猫空は市内MRTに乗り動物園駅からさらにロープーウェイに乗ること20~30分。
街の喧騒はどこへやら、見渡す限り湿気に煙る緑の風景。
目指すは烏鐵茶園の「月光茶」

この茶園の主、周さん曰く「月明かりのもとで摘んで作られたお茶」だそうで。
他のお客さんもいなかったので、長々と滞在し
笛聞いたり(←茶園です)、ビニールのテープで鳥の鳴き声みたいなのの
出し方を教えてもらったりと(←しつこいですが茶園です)
同じ漢字文化圏同士、とりあえず書いてもらえばなんとなく分かるので
周さんに筆で書いてもらう字を見ながら(超達筆)
どうやらすごい特殊なお茶で、大学でもお茶のことを教えているらしいと推測。

そんな周さんと小皿とわたくし
11140065_953097244725576_6280959587182472399_n.jpg

お茶は、全く飲んだことのない味でした。
比較的はっきりとした香り立ちのお茶を飲んでいると
「おやおや、君はどうしたんだい?」的な疑問を持つほど全く異なものです。
茶葉は茶色。水色はやや黄色かかって、甘くてほわーっと香ります。
「優しさに~つつまぁれたならぁ~♪」と鼻歌を歌いたくなるような味です。
2煎、3煎と味の変化も楽しめます。
しかしお値段はそれほど優しさにつつまれていなかった気がします。
まぁ1パックの量は多めなので。
下界もとい台湾市内で、それなりに良いお茶を買うともっと高いです。
さらに注意なのが台湾で中国本土系の茶(ぷーあーるとか)は高いですよ。ビックリっす。
あと、猫空の茶園のお茶は基本パッケージがかわいくないので
パケ買いは下界が圧勝です。

下界で「阿里山金萱茶」の小さなパックを買いました。
8gくらいで一つは200円くらい、もうひとつは400円くらい。
そんなふたつを飲み比べてみたのですが、簡単に言うと
香りがハッキリとわかりやすいのが安い方。
もわーんとしてなんとも言い難い深み的で香るのが高い方。

一概に高ければ良いというものでもないですが、このもわーんにはまると
茶ンゲル係数が上がる羽目になりそうです。くわばらくわばら
Secret

TrackBackURL
→http://koumeharp.blog.fc2.com/tb.php/34-ec9c6ec4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。