上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロフィールの趣味にもあるように、私は茶好きです!
日本茶、中国茶、紅茶、ハーブティー、健康茶的なよくわからないものまで
なんでも大好き。

各分野のお茶で、それぞれお気に入りのお店があるのですが
日本茶ではダントツここ!
茶来未

ここはまずパッケージの洗練された感じに惹かれてしまうのですが
面白いのがお茶の名前。「ぱちり」「それならば」「ひなたぼっこ」などなど
日本茶らしからぬネーミングが並びます。
季節ごとに変わったブレンドティーを出していて、私が毎年冬に必ず買うのは
日本茶にゆずのピールがブレンドされた「ほぐれ」というお茶。

今の季節は桜花と桜葉がブレンドされた「段かずら」というお茶が出ています。
他のメーカーでもこういったブレンド日本茶はあるのですが、ここのは香料を使わずに
お茶の味を生かしたバランスが絶妙で、結局いつも戻ってきます。
自分へのご褒美的に買うのが天竜煎茶。ぱーっと茶園の景色が広がるような香りも味もすばらしい~
年末に買って、大事に大事に飲んでます。

通販もあるのですが、お店だと試飲もできたり、おいしい淹れ方のアドバイスも
していただけるので、オススメでございます。

そんな茶来未の店頭で、最近nabanaと生梅のCDが置いてあります!
IMG_20160220_161515.jpg

茶師の佐々木さんは、風景を描くようにお茶を作る方なのですが
nabanaの曲やアレンジも、まさにそんな気持ちで作ったものです。
CD聞きながら、お茶を味わい、想いはしばし別世界で遊ぶ
そんな風に音とお茶のコラボを楽しんでいただけるといいなぁと思います。
スポンサーサイト
2016.02.20 KOUCYA
私が所属するバンドは、なぜだか女性ばかり。
生梅、nabana、Lady Chieftains、KOUCYAと見事に女性オンリー。
会社員時代、男性度の高いところにいたので、その反動でしょうかねぇ。

女性三人編成はnabanaとKOUCYAですが、正反対に近いキャラクターです。
nabanaは小食で可愛らしくて、おとなしい。
KOUCYAは食欲旺盛、活発でしょっちゅうくだらない話で爆笑してるという・・。
私は、食欲旺盛の自己完結系おとなしめキャラなので、中間をやや変人にした感じかな。

さてさてKOUCYAのライブが先日、話題のお店「巨人のシチューハウス」にてライブをしてきました。

KOUCYAです。私は半眼で瞑想してますね。
12742322_10208735413291518_2719469742482893979_n.jpg


2m近い長身のアランさん。TV出演も多くて、なんとあの「嵐」とも共演されたとか!
スペシャルゲストで歌も歌っていただきました!早口の曲すごかったー
12728776_10208735411731479_7585695230790661417_n.jpg

ここのシチュー、アイルランドです!アイルランド人のアランさんが作るから当たり前なのですが
一口食べて、向こうのパブでよくお昼に食べてた時のシチュエーションごと、よみがえりました。
私はシーフードのチャウダー、Fiddleのぬっきーが食べてたラムのシチューも一口もらったのですが(いや、四口くらいか?)
両方おいしかった!おすすめです。ぜひぜひ!


KOUCYAはライブごとにちょいちょいやることを考えてはいて
今回でだいぶいろいろ見えてきました。
これから、自分としては唸りつつも面白い時期に入ってきます。

アイルランドでワークショップを受けた先生達は、皆一様に
「自分らしさ、自分の表現」ということを言っていました。
(外国人の私だけでなく、アイルランドの人々も言われてました)
当時、もっと伝統音楽ならば型とか、こうあるべき的なことを言われるはず
というか、むしろそっち教えてくれないのかなと肩すかし食らった思い出があります。

ハープはアイルランドでは古い楽器ですが、金属弦のハープを吟遊詩人が奏でているスタイル。
それも、いったん歴史がぶっつりと途切れ、その後はむしろガット張りのハープが主流になり奏法も違います。
ダンスチューン弾くのはかなり最近のこと。伝統のメロディーを近代的な楽器で演奏するという状態なので
伝統音楽、伝統楽器というには事情が特殊かもしれません。

ただ、私にとってのアイルランド音楽の教えの原点は「自分らしい音」
師匠達の言葉を胸に、KOUCYAもこれからいろいろやっていきます!
お楽しみに!!
今月もnabanaはプチツアーに行ってきました。
まずは急遽決定した四ッ谷ホメリにて結成2周年ライブ
ホメリは響きが本当に素晴らしい!
ライブを常にやっているせいか、お店の壁が音を吸って、楽器の響板状態なのかもと思うほど。

12654172_1012723588766533_2925782285504343475_n.jpg


そして、松本へ

松本到着後、ハープのレッスンが5人も!
昨年はICFという大学生中心とするアイルランドの音楽とダンスのイベントで
ハープクラスをやっていたのですが、今年はクラスが無いので
遠く埼玉や神奈川からも駆けつけてくれた方もいらっしゃいました。(T_T)
ありがとうございます。首都圏でも単発レッスンやってますので、ご連絡くださいまし。
でもハープの仲間たちが揃うのは楽しいですよね。


夜はAmijok(アミジョーク)という素敵なお店でライブ
12661816_962135063872958_5280409952878104204_n.jpg
写真ないんですが、ここのマフィンは食べるべき!
「近所なら 絶対通う アミジョーク」


翌日は長野「ことりの宿」
12687946_457646894436150_3049310645353319006_n.jpg
もう本当にかわいいの連発で。
しかも畳でずっとごろごろしていたい居心地の良さ。
本来は一日一組のお宿だそうです。

今回も観光や散歩は全くできずでしたが
松本の美しい風景や、長野の雪をかぶった善光寺さん
美しくも歴史ある街の荘厳で澄んだ空気が、演奏に力を貸してくれたりもしました。

お世話になった人たちの顔を思い浮かべつつ
nabanaの有花ちゃんがライブで語ったことが、とても印象的に思い出されます。
「演奏者だけではなくて、たくさんの方々の力でこのライブができている」
当たり前のようなんですが、ツアーに行くと特にひしひしと感じます
お店の方、お手伝いしてくださる方、告知をしてくださった方
移動に不自由ないようにとか、泊めて食事まで出してくださった方
本当に本当にありがたいことです。

こうして、自分にとって大事な場所が増えていくのは
とても幸せなことだと思うのであります。
少し時間がたってしまいましたが、nabanaプチツアー宇都宮といわき
そしてそれに続いていわき市のアリオスコンサートと川部小学校訪問
お越しいただいた皆様、お世話になった皆様、本当にありがとうございました!
対バンのポロヤキッサさんありがとう!また一緒によろしくです!

そしてプチツアーの写真がどうやら無いもよう・・・


さて、いわき市の「おでかけアリオス」は、
小中学校に演奏をお届けするというプログラムです。
nabanaのアイリッシュフルートの須貝知世ちゃんが小名浜出身なので
このプログラムのオーディションを受け、見事合格し
私は伴奏者としてパタパタついて行きました。

アリオスコンサートは今期訪問する演奏者が集って演奏と意気込みを語るという
やや緊張感に漂うリハーサル風景・・・
12642540_989105651124735_3956028146729607984_n.jpg


ドレス姿の(超レア!)知世ちゃんとわたくし
12548871_989214854447148_204196561004311585_n.jpg


川部小学校の給食
12647520_989611481074152_675104168138195752_n.jpg
おいしかった~!

川部小学校の1~3年生のみんなと、知世ちゃんの演奏する曲に合わせて
掛け声をつけたり、ジャンプしたり。いやー元気元気。
気分は体操のおねえさん。(はい、気分だけですよー)
給食の後、校内をフラフラしていたら、みんな挨拶をしてくれました。
なんてかわいいんでしょう。本当に素敵な学校です。
自分が小学生低学年の頃は、極度の人見知りで、本が友達、
なぜ生きるかみたいなことを考える意味不明な子供でして
(5年生から突然運動が得意になったという理由だけで
正反対なキャラに転身するのですが)
そんなわが身を振り返りつつ、きっと川部小学校のみんなは
素敵な大人になるだろうなと思ったわけです。みんな元気でね~!

そんなわけでnabanaは引き続き今月もライブがあります。
2/5(金)四ッ谷三丁目ホメリ、2/6(土)松本、2/7(金)長野
・・・そして2/28(日)は茅ケ崎っ!
ついに地元開催(T_T)湘南エリアの皆さま是非!
エリア外の皆さま、茅ケ崎駅発着メロディーはサザンの「希望の轍」
これ、なんか前向きになる感じで良いのです。
是非お越しいただいて、ホームで聞いてください。
しらす料理なんかついでに食べに来ちゃうのも良いと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。