上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.27 KOUCYAのCD
CD
前回の記事で書き忘れた、すごいこと。Facebookには書いたのですが
KOUCYA「First」は、グラミー賞7受賞のアイルランドの至宝
「Chieftains」のMatt Molloyがレビューを寄せてくれています。

アイリッシュフルートの神様と呼ぶ人もいるほどの大御所のMatt
レビューをもらえたのは、まさにKOUCYAの強運フィドラー奥貫氏のおかげか・・。

まずはレビューをば

Congratulations to Ayako, Chiaki, and Yuri on this their new CD.
They are called Koucya.. They are also members of "the lady chieftains of Japan".
On our last visit to Japan we had the pleasure of playing with them.
They were great company and wonderful musicians.
This CD has music from Scotland, from Nova Scotia in Canada, but mostly music from Ireland.
Lovely arrangements all round and an interesting composition by Ayako called "waltz of the leaves".
This CD is well worth a listen.. I wish them well!

Matt Molloy (chieftains)

Westport Co. Mayo, Ireland..

KOUCYAメンバーはもともとLadyChieftainsからのグループなので
レディチのことも書いてくれたのは嬉しいですね。

葉っぱのワルツは、中のアレンジを全然アイリッシュっぽくなくやってしまったのですが
当初タイトルが決まらず、「B♭ Waltz」(B♭メジャーという調の曲という意味)
を見ながらB、BはブルースのBだねぇとか呟いていたら
間奏のハープがね、ああなったわけです。是非、注目してくださいまし。

最初から「葉っぱ」だったら「Leaves」の場合でも、たぶん違うことになってるだろうなぁというのが
アレンジの面白さですね。

そして、「夏は来ぬ」これは全パートアレンジ梅田です。
日本の唱歌「夏は来ぬ」とアイルランドの曲「Mo Ghile Mear」を混ぜ混ぜ
(かっこいい言い方だとマッシュアップとか言うんですね)

Cheftainsの演奏の印象が強「Mo Ghile Mear」、楽譜作りながらずっとCheftainsのハープ奏者
故Derek Bellが想い出されて、出来上がるころにはDedicated to Derek状態でした。
レコーディングの時に、フィドルの奥貫さんに「ここはデレクに語りかけるようにお願いします」とか
無茶な注文もしました。はい。

会社で深夜にCAD描きながら聞いていたChieftains。
こうゆう音楽があるのか、こうゆうハープがあるなら弾いてみたいと思った自分には
デレクのハープがなければこのCDはおろか、音楽自体、無縁に生きてたと思います。
現ハープ奏者Triona Marshallの大ファンでもありますが、
Derekが生きてたらいろいろ話したかったなと思います。
ややしんみり。

KOUCYAは10/28~30、長野へツアーです。詳しくはホームページのスケジュールにて!
スポンサーサイト
2016.10.23 KOUCYA
CD
茶ットが書きたい
今大いにハマっている時代劇「琅琊榜(ろうやぼう)」について語りたい・・・

しかしここは、大事なお知らせからいきます。

とうとう出ました。はい来た!

CDkoucya.jpg

Lady Chieftainsを母体とするトリオ、ライブ数は多くなく
バンドというよりはパブでセッション的な演奏をすることの方が多かったのですが
音源作成にあたってアレンジを加えまして、こんな感じになってます。



レーベルの社長が猫です。猫に雇われるバンドです。

そして、実はこのCD流通の予定が今のところ無く、
ライブ会場で手売り、もしくはメンバーに問い合わせていただくしかないのですが
私のCD販売所「YATAUMEHARP」で
いち早く取扱いを始めました。

このご時世に振込(ゆうちょ、東京三菱UFJ)しか入金手段がなく
私がゴソゴソと梱包し、手書きありがとうカード入れて
普通郵便(オプションで簡易書留)でお届けという
レトロ感漂う販売所でございますが、是非ご利用いただければ幸いです。

「YATAUMEHARP」はこちらから


YATAUMEHARPで現在、取扱中の作品は4つ。

○生梅
→イーリアンパイプスという強い音に対して、ハープ伴奏ではなく
ダンスチューンでも二つの楽器が共にトップを張るつもりで、という裏テーマ。
これがハープのスタイルとしては現在のアイルランドのハープ弾きに一番近い、かな。

○nabana
→異国の音楽を日本人が頑張ってやってるというのではなく、
メンバー個人や楽器の個性を、素直に出せる曲作りをしたいなという裏テーマ
なにより、沙羅さんのジャケット絵の世界観を音で作りたいなというのがありました。
すごく楽に聞ける、気が付くとずっと聞いてます等の感想いただくと、嬉しいです(泣)

○風とキャラバン
→いろんな楽器が聞けます。いろんな楽器があるからこそ、ハープの居場所とか
音の特性とかを考えさせられました。
幻想的とかゆったり癒しだけではない側面も出してます。
ゲームをしない方にとってはなじみのない音楽ジャンルですが
日本のゲーム音楽、注目してほしいですねー。

○KOUCYA
→ハープとしてはnabanaと正反対の発想で、
異国の音楽をいろいろ頑張ってやってみた感じです。
「夏は来ぬ」は全パートアレンジを書きました。
CD
本日11/15(土)にnabanaの初アルバム「はじまりの花」が発売です!
大手だとamazon、タワーレコード、などのネット販売、店頭は渋谷タワーレコード
あと、YATAUME HARPですとか・・・
(梅田による梅田関連のCDショップです。銀行とゆうちょ振込しか対応してないですが、送料はゆうメールなら無料です。)

そして、来月にはCD発売記念ライブもあるので、ぜひぜひ生の音でも!

手にとってほしい美しさ!
51eWBbYez-L.jpg

アルバムジャケットは木版画家の沙羅さんです。
女性に人気の占い&エッセイストの石井ゆかりさんの著作の装丁挿絵等されています。
最初作品を見せていただいた時に、少し和的な雰囲気や空気感に感動して、
曲アレンジや流れを変えてみたり、小さな曲を追加してしまったほど・・・。

発売に先がけて九州ラブFMさんで紹介してもらったのですが
とても反響があったとのことで「放送聞きながらその場で予約しました!」
というメールが入ってたそうで、うっ・・・(泣)うれしいです。

お店に置きたいとのご連絡もいただいていて、
今後は店頭で手に取れる場所が少し増えるかもしれません。
紹介動画はこちら
CD
生梅が初めて作ったCD「生梅開店」がおかげさまで完売いたしました!
ありがとうございました。
ハープとイーリアンパイプスという、単体でも録音の難しい楽器だったので
色々な人にアドバイスをもらったり、試行錯誤した末の第一作。
売れてしまうとやや寂しい感じです。

引き続き、HPでは「生梅の旅」「My Favorite Melodies vol.2」販売しております。
ライブ等でも置いています。
どう違いますか?という質問をよく受けるのですが

「生梅の旅」
●イーリアンパイプスまたはホイッスル(笛)とハープで演奏→バグパイプ好きにオススメ
●アイリッシュのダンスチューンも入っている。→ノリが良い曲も聴きたい方はこちら
(ハープでアイリッシュのダンスチューン弾いてる録音は日本ではほとんど無いです)
●加えてオリジナルや日本のさくらさくらや荒城の月も入っている。→いろいろ聞ける感じです。

「My Favorite Melodies vol.2」
●アイリッシュフルートまたはホイッスルとハープで演奏されている→笛好きにオススメ
●ダンスチューンは一切なし→心穏やかになりたい方はこちら
(某病院の精神内科でBGMとしてかけられたり、お見舞いの差し入れに喜ばれたりしてます。)
●ハープは私、笛は安井マリさん一人ですが、笛パートを重ね録りしてます→3人以上のアンサンブル好きな方

CDは1~2枚なら送料大体200円から300円くらいでお送りしております。
こちらからご連絡くださいませ。


[どうでもいいお菓子日記]
九州のお土産を持っていったら、北海道のお土産で六花亭のレーズンサンドをもらいました。
個人的にキングオブレーズンサンドというか、3馬身くらい抜けてる感がします。
レーズンと言えば、源氏パイの他に平家パイってのがあって、平家はレーズンがのってます。
何でだろう?でもとりあえず美味しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。