上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページにもアップしたのですが、とうとうこのバンドが始動します!

「風とキャラバン」と今回のCDの作曲家「なるけみちこ」さん(一番手前です)
CjyLsKLVEAAxsYN.jpg

「風とキャラバン」バンドメンバー
神永大輔(shakuhachi) john*(fiddle) annie(guitar)
トシバウロン(bodhran、percussion) 有木竜郎(piano)
内田佳宏(cello) 野口明生(uilleann pipes) 梅田千晶(harp)

遡ること2年前、ゲーム音楽をバンド演奏で再現するシリーズより
「Playing Uematsu !」(八王子いちょうホール)に参加させていただき
植松伸夫氏の数々の名曲に楽しくも苦しみつつ取り組んだのが
私にとってのゲーム音楽との関わりでした。

知り合いのプレーヤーやお客様からも、アイルランドや北欧音楽に
はまるきっかけとしてあげられていたゲーム音楽。
気にはなっていたものの、なかなか出会えず。
この公演から始まり、翌年、「Playing Works !」でなるけみちこさんとも出会い、
さらに昨年には光田康則さんの記念バンド「Millennial Fair」に参加。
ゲーム音楽の中で出会えたこと、人、学んだことは計り知れないです。

今でも生徒さんに「ゲーム音楽ってぴこぴこってやつですか?」
と聞かれたりしますが、ゲームやらない人には本当に縁がないのですよね。
いろいろな音楽の要素を取り入れて、各ゲーム独特の世界観を描く手法は
日本発の音楽ジャンルの一つと言ってもいいのではないかなと思います。
「題名のない音楽会」というテレビ番組でも、ゲーム音楽特集がありましたね。

オーケストラや吹奏楽の演奏会は多数ありますが、
民族楽器を使ったバンド形式は数少ないです。
聞いたことのない方は、是非是非ライブやCDで触れてみてください。
ゲームをやらない人にも十分楽しめるはずと、
ゲームをやらずにゲーム音楽に携わるようになった私が太鼓判を押します!

風とキャラバンCD試聴動画

10/1(土)よみうりらんど内「日テレらんらんホール」にてお披露目!
チケット発売中。
詳細はこちら
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。